英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

英会話スクール利用時の留意点

当方は、英語、英会話の勉強方法で苦しんでした時代が長かったこともあり、何かと「いい方法ないかな?」とネット上、うろうろすることが多かったです。

 

その癖はいまも残ってまして、読む必要もないのに、様々なサイトをお邪魔して、あれこれ考えてしまうこともあります。

 

特に目につくのがランキング形式のサイトですね。

 

どのスクールが良い悪いといったランキングを付ける際には、その基準(レッスン料、予約のしやすさ、レッスンの内容、日本人講師のサポート、運営者側の対応の良さなど)を示してしかるべきですが、残念ながらそのようなウェブサイトは少数派です。

 

ただ、個人的な見解で申し上げると、スクールのシステムはあまり考慮しなくともよいと思っています。

 

なぜなら、アウトプットの場であり、そこで、新たに文法を学んだり、発音を学ぶ必要性は高くないからです。

 

スクールのシステムよりも教え方の良い先生がいるかどうか、自分の性格とマッチした先生と出会えるかの方が重要です。

 

そうでないと長続きしませんから。

 

三木雄信氏も、「海外経験ゼロでも仕事が忙しくても英語は1年でマスターできる」という著作の中で言っています。

 

「スクールに通うのは、インプットのためではありません」

 

「先生はアウトプットの受け手に徹して、こちらの話したいことをどんどんしゃべらせてくれるようなレッスンを私はおすすめしたいと思います」

 

「いつも同じ先生が担任してくれるようなスクールを選ぶことも大切」

 

当方も同じ意見です。レッスンは必ず同じ先生です。

 

日頃トレーニングしている成果を発揮するためにレッスンを受講するのです。

 

当方が間違った英語の勉強法を採用していた時代は、いくら時間をかけても英会話が上達しなかったのも、ここをはき違えていたからです。

 

TOEICの公式問題集を解きまくる、パート別の単語集を丸暗記する、文法書を読破
→TOEICスコアは上がれど、英会話はうまくならない(TOEIC力が上がっただけ)

 

当サイトで紹介のトレーニング法でスピーキング力、リスニング力を重点的にアップさせる
→先生とのコミュニケーションがスムーズにいく、真の英会話力があがる。

 

この構図がはっきり認識できて、トレーニング方法、勉強方法を切り替えてから、どんどんレッスンが苦ではなくなってきました。

 

同じ時間をかけるなら効率よい方法の方が良いと思います。

 

こう考えると、レッスンも毎日ではなくても良いというロジックになります。

 

極端なことを言ってしまうと、TOEICを月1回受けるのと同じように、英会話のレッスンも月1回でも良いということです。

 

どちらも日頃の成果を図る意味ですから。

関連ページ

英会話スクールにいつから通うか?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
英会話スクールの正しい利用方法
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
オンライン英会話は月額制が良いか?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。