英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

英会話スクールの正しい利用方法

今回は、英会話スクールの利用方法について述べます。(ちょっと長い記事になります)

 

英会話スクール業界は、2020年の東京オリンピックが決定してから、勢いづいているように思います。

 

広告とかすごいですから。

 

電車に乗れば、ベルリッツ、COCO塾、イーオン、ECCなどなど、見ない日はありません。

 

こういった広告に刺激されて、「自分も英語やろうかなあ」なんて漠然と考えたりして、無料レッスンを受けて、日本人講師から営業を受けて入校してしまった、というのはやめた方がいいです。

 

きちんと利用方法を押さえたうえで、計画的に英会話スクールを利用すべきです。

 

ただし、ここでいう利用方法は、少人数かグループかとか、旅行英語とかビジネス英語にすべきとか、そういったことではありません。

 

レッスンの形式とかカリキュラムとか、そんなのはどうでもいいのです。

 

英会話スクールはあくまでも、自分の英語レベルをチェックする場であって、何かそこで新しいスキルを習得するとか、そういった場ではないからです。

 

ここをはき違えると、英会話スクールの利用が、とんでもない方向にいってしまいます。

 

確かにレッスン時間中は、必死に脳みそに汗をかかせて、英語でどう言うか思考したり、相手はなんて言ったのか理解しようと努めたり、それなりに効果はあると思います。

 

しかし、ある程度、基礎を積んでおかないと、レッスンという本番の打席で何もせずベンチに戻るといったことをしかねません。

 

「英会話力」は、「話す力」と「聞く力」の2つの要素からなり、その2つは、「瞬間的に英文を作り出し口から発する能力」と「相手の話した英語を瞬時に頭の中でイメージ(映像)化する能力」ともいえます。

 

「話す力」と「聞く力」の基礎が備わっていないうちに英会話スクールに行っても効率が悪いということです。

 

いつになったら、通えるかと言えば、森沢洋介氏は著作の中でTOEIC600程度と言っています。

 

これは、TOEIC対策を何らせずに、普段のリスニング、スピーキング等のトレーニングを積んで取得したスコアです。

 

普段、自分がキャッチボールや素振りをしてボールの使い方、打ち方を練習して、ある程度試合に出られるとなった状態で初めてスタメンになれる、といったように、試合ばかり出ていても、あまり上達しないのです。

 

「話す力」と「聞く力」を伸ばすのは、日本に居ながらでは短期では難しいです。

 

ですので、強い意志をもって、日々こつこつトレーニングを積まねばなりません(具体的には「リスニング」「スピーキング」などのカテゴリの記事を御参照ください。) 。

 

ネイティブとレッスンで話しても、なかなかリスニング力の上達が実感できず、スクールの日本人講師に何かコツがないか相談したところ、CDを渡されました。

 

それは、ディズニー映画の音声が収録されたものでした。

 

「家で毎日、何度も聴いて練習してください。結局、自分で練習しないとだめです。スクールに来ればなんとかなると思わないでくださいね。」と言われました。

 

そこで私は思いました。 「自分でやれと言うなら、英会話スクールなんて行っても行かなくても同じじゃないか!」 と。

 

正に、それが正解だったわけですが、当時は「ネイティブスピード」を知らず、映画や海外ドラマの有用性に気づいていない時期だったこともあり、家で、学校の教科書レベルのCDを聴いたりしていました。

 

年間ウン十万もはたいたのは高い授業料でした。

 

英会話スクールは、自分がイニシアティブをとって、レッスン内容も自分で設定する位の気持ちでないとだめです。

 

そうなるにはある程度、英会話(話す+聞く)もそこそこできないといけません。

 

ある学者さんが、「英語そのものではなく、英語によるコミュニケーションを教えてほしい。英語をどう使うか、英語でどう発信するかを伝えてほしい」と述べていましたが、そもそも、日本人学生は、最低限の会話、つまり、簡単なことを話す、(もちろんネイティブが話すスピードの)簡単なことを聞き取る力すらないんです。

 

話す内容以前の問題なんです。簡単なやりとりすらできない。

 

これを解決と言うか、最低限の英会話力をつけるための正しい道標を示してあげないと、いつまで経っても高額な英語スクールのカモが減らないわけです。

 

では仮に、最低限の英語力(森沢氏のいうTOEIC600程度)を身に着けたとして、英会話スクールをどうするかと言えば、オンライン英会話で十分です。

 

ネイティブが望ましいですが、高いです。

 

フィリピン人でも発音レベルは悪くないので、格安のオンライン英会話スクールでも良いと思います。

 

あくまで、自分のレベルチェックのためですから。

 

自分が使ったことのある、もしくは、現在使っているスクールを紹介します。

 

「レッスン料金の安さ」が「ある日突然つぶれないか」がポイントになります。

 

詳しくはこちらへ
オンライン英会話スクール一覧

関連ページ

英会話スクールにいつから通うか?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
英会話スクール利用時の留意点
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
オンライン英会話は月額制が良いか?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。