英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

文法を一からやり直す方法は その2

前回、文法を復習するために「TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継」をおすすめしました。

 

でも、なぜ、TOEIC関係の書籍なのか。

 

これには理由がありまして、TOEICのスコアをアップさせる方法を伝授しながらも、中学、高校で習うべき「基本」を丁寧に教えてくれるからです。

 

実況中継とあるように、読んでいると講義を受けている気分になれます。

 

学校というよりは、予備校の雰囲気ですが。

 

筆者のキャラクターは結構濃いので、とっつきにくいという方もいるかもしれません。

 

皮肉っぽいところもあって、それが自分の肌に合うかどうか。是非、本屋で立ち読みをしていただけたらと思います。

 

特筆すべきは、構文を再度マスターできることです。

 

え〜、構文といえば、 S+V S+V+C S+V+O S+V+O+O S+V+O+C の5つですね。

 

これらが実に分かりやすく解説されています。

 

英語の文法といえば、これに集約されるといっても良いのではないでしょうか。

 

「はぁはぁ、そうだ、これは高校時代で習ったことばかりだ」と何度も思いました。

 

問題を解かずに、実況だけ読むのであれば、1日もかからないかもしれません。

 

それくらいすらすら読めます。

 

でも、ミニ問題が秀逸でして、大量の小問題をこなしていくうちに、知らず知らずに本番用の問題もあっさり解けるようになっていく、という仕組みになっているので、問題も全部解くようにしたいところです。

 

あと、この本で使われる英単語、熟語は、TOEICライクなものばかりですので、受験を予定している方は購入して損はないと思います。

 

本のタイトルに650点とありますが、あまり深い意味はなさそうです。

 

あくまで文法問題に関して、トータルでみて650レベルを目指すということでしょうか。

 

説明が難しいところですが。

 

実は、当方はこの書籍と瞬間英作文だけで、TOEICの文法問題は満点とっています。

 

その体験が強くて、この本を推奨する理由になっています(ただし、個人的に筆者のスタイルが気にくわんとかあるかもしれないので、書店で現物を一度手に取ることもあわせて推奨します)。

関連ページ

文法を一からやり直す方法は
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。