英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

コラム記事一覧

学校の英語では英会話は上達しにくい

本の英語教育のことをボロクソに書いている当サイトですが、理由は簡単で、「使い物」にならない英語を学校で延々と教え続けているのに、文科省は未だに、「英語で授業を行う」とか「小学校低学年から英語を教える」とか全くもってして意味のないことばかり計画しているからです。でも、楽天の三木谷氏が「大学受験を改革す...

≫続きを読む

TOEICスコアを短期間で急激に上げる方法

今回は、TOEICについて少し述べてみたいと思います。楽天、ユニクロに代表されるように英語を公用語として採用する会社が、ちょっと前に話題になりました。TOIECである程度スコアを取得しないと、首になるとか、幹部になれないとかですね。それから、武田薬品もTOIEC730のスコアがないと採用すらされない...

≫続きを読む

独学の定義

英語、英会話独学を謳っている当サイトですが、「独学」という言葉を特に定義せず、ここまで来てしまいました。「独学」を辞書を引いてみますと、「師についたり学校に通ったりせずに,一人で勉強すること。」用例としては、「中国語を−する」とあります。「一人で勉強する」というところがポイントかと思います。・語学学...

≫続きを読む

あの「スピードラーニング」を体験!

英語、英会話のマスターを志している方で、英語教材で「スピードラーニング」を知らない方はいないと思います。某有名プロゴルファーを使って宣伝しまくりの、1日5分聞き流すだけで上達したとアピールしている教材です。やはり気になるものでして、サンプルを取り寄せてみました、無料ですから失うものは何もないですし。...

≫続きを読む

「英語脳」って何ですか?

「英語脳」って何ですか?一時期、「英語脳」という言葉がもてはやされたことがあります。「英語脳」の定義は・・・実はよく分かりません。辞書で引いても出てきません、当たり前ですけど。最近、youtube上で、英語脳を語る英語スクールの広告動画を良く見かけます。その先生がおっしゃるには、「英語のまま考えて英...

≫続きを読む

英語教材 比較 ランキングサイトに物申す!

英語教材は巷に満ち溢れていてどれを買えばよいか分からない、というのが、ちょっと前の私です。ちょっと前といってももう数年前になりますが、それまではどれだけ金をかけてきたのかもう記憶にありません。今、徐々にですが、ネイティブレベルとはおこがまして申し上げられませんが、話せて聞けるようになってきたのは、正...

≫続きを読む

【書評】留学不要の英語勉強法 留学はゼロ。それでもTOEIC975点。英検1級。...

この本をたまたま書店で平積みされているので気になって手に取ってみました。「留学なし」で英語をマスターと言うのは、自分の中でも常日頃考え続けているテーマでもあり、なにか参考になるものがないかと思ったからです。しかし、残念ながら、本のタイトルとは裏腹に内容に読むに堪えないものでした。立ち読みだけにしてお...

≫続きを読む

スピードラーニングの口コミサイトについて

英会話の学習方法を考えるに当たって、ネットサーフィンで他の方のサイトをチェックしたり、情報収集はかかせないところなのですが(半分趣味みたいな感じ)、最近は無料ブログなどで適当に発信しているところが多いように思います。スピードラーニングを過去の記事でレビューしていますが、結構、この教材を実践しないまま...

≫続きを読む

ビジネス英語が中学英語で通用する?!

本屋に行くと、相変わらず、英語教材があふれんばかりに売られています。映画、海外ドラマを中心にした勉強法に変えてから、特に最近はそういったコーナーに立ち寄って衝動買いすることもなくなったのですが、あまりにひどい書籍については、書評でもしようかと考えています(立ち読みした上でですけど)。「ビジネス英語の...

≫続きを読む

英語に接する時間を増やすには習慣化が重要なポイント!

社会人になると英語の勉強をするまとまった時間がとれない学生時代ならまだしも、社会人になると英語の勉強をする時間の確保に苦労します。当方も本格的に英語、英会話の勉強を始めたのが30代になってからですので、それこそ、勉強方法もさることながら、勉強時間の確保にもあれこれ思索を費やしました。社会人が学生と比...

≫続きを読む

高卒OLが独学でTOEICで800点取って英語がペラペラになった勉強法【書評】

何年も前ですが、英会話の勉強法を確立する前は、ブックファーストとかジュンク堂に行くと、真っ先に英語、英会話コーナーに行って、何か役立つ英会話の勉強方法はないかと物色してましたが、その都度、実践してみてはガッカリさせられることばかりでした。そして、2015年現在、大手書店の英語、英会話コーナーに行って...

≫続きを読む