英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

リーディング力をアップさせる その4

リーディングついて、前回の続きです。

 

只管朗読で有名な音読シリーズ本にも、CDがついています。

 

そのほか、最近の英語学習書には、ほぼCDが付いていますので、スクリプトをリーディング用教材として用いてもよいかもしれません。

 

興味が持てるものであればベターです。

 

音読といえば、英語の文章を読み上げながらのリーディングも有効と思います。

 

つまり。

 

シンクロリーディング(オーバーラッピング)をしながら、英文の内容も正確に理解していく方法です。

 

コンテンツ・シャドーイングの予備練習にもなります。

 

返り読みを防ぐ観点で言えば、自分で読み上げながら理解していくので、「音(CD)」と「目」のみを使う方法よりは効果的かもしれません。

 

自分の「口の筋肉や舌を使って発音することから、発音練習にもなります。

 

ここでも、やかましく言うのですが、ラダーシリーズのCDや音読本のCDなどは、リスニングのトレーニングに使ってはいけません。

 

ラダーシリーズのホームページには以下のような説明書きがあります。

 

「IBCオーディオブックスは、やさしい英語で書かれたストーリーを聴き、楽しみながら英語のリスニングをマスターする本です。 収録された音声は日本の英語学習者に最適な語彙や朗読スピードとなるよう工夫されています。」

 

日本人学習者用に加工されたCDの英語音声は、試験や資格取得のためには役立つかもしれませんが、仕事や実際のネイティブとの会話におけるリスニングに関して言えば役に立ちません。

 

決して、英語のリスニングをマスターできるものではないと思います。

 

あくまでも、リーディング用の音源としてとらえるべきです。

 

スピーキング用でも、リスニング用でもないです。

 

朗読CDをリスニング練習のために集中して練習しても、映画や海外ドラマは聞き取れるようにはなりません。

 

同じ英語の音声でもまったく性質の違うものですから。 リエゾンも甘く、一語一語をはっきりと発音するような音声なので、返り読みを防ぐという目的のために利用するべきです。

関連ページ

リーディング力をアップさせる
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
リーディング力をアップさせる その2
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
リーディング力をアップさせる その3
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
リーディング力アップには海外ドラマが1番?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
多読でおすすめなのは洋書ではなく意外なものが効果的!
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。