英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

英検準1級の面接試験のアドバイス 実は特効薬はズバリ…

英検について考察編の続きです。

 

1次を突破できる能力があるのに、2次で落ちてしまう。

 

理由の一つには、相手の言ってることが聞き取れないことが挙げられます。

 

1次のリスニングは得点できても、面接官の質問は聞き取れない。

 

一体これはどういうことか?

 

過去問や問題集でリスニング問題を解きまくるような対策で1次を突破した場合、2次試験で化けの皮がはがされるということです。

 

つまり、正確には、過去問や問題集を解きまくることで「リスニング力」がアップするのではなくて、「英検用リスニング力」がアップするだけなのです。

 

突然、面接官から幅広いテーマの中からポンと質問を投げかけられると反応できないということです。

 

 

2次を突破できないもう一つの理由は、口から英語が出てこないということです。

 

これはもう、聞かれている質問も結構ハイレベルですから、普段から英語を口から出す練習をしないと対応できません。

 

付け焼刃では厳しいと思います。

 

でも、勘違いしやすいところなのですが、英会話のレッスンを受けまくれば良いのかというとそういうわけでもありません。

 

外国人と接する時間量を増やす努力をしても意味はないということです。

 

時間に余裕がある、時間が許されるのであれば、毎日英会話のレッスンをするに越したことはないと思いますが、ポイントを外しては上達することはありません。

 

どういうことかと言うと、自分一人のときに話すトレーニングを積まないといけないということです。

 

要は、自分で瞬間英作文をこなすということです。

 

スピーキングについての英語独習、英語学習は瞬間英作文が重要です。

 

普段、自分一人でぶつぶつ練習したものをレッスンにぶつけるわけです。

 

英会話のレッスンにおいても、いかに上手に質問を投げかけてくれるかをポイントに先生を選ぶことです。

 

こう、なるべく生徒さんに話させようとする、誘導してくれる先生ですね。

 

生徒さん的には、レッスン中しどろもどろになる場面が多くなりますが、その方がスピーキング力アップを図るには良いレッスンになります。

 

レッスンとレッスンの間には、瞬間英作文でトレーニングを積んで、しゃべれるストックを増やしていくわけです。

 

市販のものだけでなく、自分用の瞬間英作文帳を作っても良いでしょう。

 

当方は小さめの手帳を瞬間英作文手帳にして、電車の中や空いた時間で練習しています。

 

2次試験におけるスピーキング対策は付け焼刃では通じず、普段の練習が大事になります。

 

逆に言えば、2次試験の対策は、特に「これだ」と言うものはないのです。

 

つづく

関連ページ

英検準1級に合格するために対策らしい対策は実は不要?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
英検準1級に合格しました 考察編
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
英検準1級に合格しました 考察編3
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。