英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

英語ニュース記事一覧

【英語ニュース】筑波大、入試英語に外部試験…TOEFLなど候補。って大丈夫?

読売新聞によると、筑波大学(茨城県つくば市)は、早ければ2016年度一般入試から、英語の「読む・聞く・話す・書く」という四つの力を測る外部テストの成績を、選考材料に利用すると発表したそうな。候補として挙がっているのが、・TOEFL・TEAP・GTEC CBTとのことですが、TOEFL以外は聞いたこと...

≫続きを読む

第6回英語教育を考えるフォーラム

第6回英語教育を考えるフォーラムという会議が沖縄で開催され、本名信行青山学院大学名誉教授が「世界・アジアの視点から英語教育を考える」との演題で講演したそうです。気になったのは、『英語教育に関して「英語そのものではなく、英語によるコミュニケーションを教えてほしい。英語をどう使うか、英語でどう発信するか...

≫続きを読む

道路の案内標識

02/17/2014の読売新聞からです。『道路の案内標識を外国人に分かりやすくするため、国土交通省松山河川国道事務所は14日、ローマ字表記を意味が分かるように変更する作業を、松山市内の国道で始めた。今月末までに、11号、33号、56号、196号の4国道の31か所で変える。』そうです。観光立国を目指す...

≫続きを読む

就活生に聞いた将来の英語力は?

ネットで拾ったニュースですが、「2015年度日経就職ナビ学生モニター調査結果(2014年2月発行)」によれば、現在の就活生は、★将来仕事をする上で英語力が必要と思うかを尋ねたところ、「絶対に必要」、「できれば必要」を合わせた「必要」との回答が9割を超える★一方、「ほとんど会話できない」は、前年に比べ...

≫続きを読む

「英語教師は英検準1級を!」下村文部科学大臣

2014年2月のニュースです。文科大臣自ら「英語教師は英検準1級を!」というのは、結構衝撃的ですね。教える側の能力を問題視しているということですから。「文部科学省では、英語教師に求められる英語力について、英検準1級やTOEIC730点、TOEFLiBT80点を目標に定めています。しかし、2012年度...

≫続きを読む

英語教育改革 指導体制の整備が最大懸案

読売の社説(2014年2月21日)からです。「文科省は、有識者会議の検討を経て、学習指導要領を改定し、2020年度からの完全実施を目指している。日本人は学校で英語を学んだのに、コミュニケーションの手段として使えないといった英語教育への批判が根強い。」 との一節がありました。批判は昔からあったと思うの...

≫続きを読む

大学入試センター廃止

読売新聞の記事によると、大学入試センターに代わる「達成度テスト・発展レベル(仮称)」において、外国語は「外部試験の利用を検討」とあります。これは、運営者側にも受験者側にもメリットがあるような気がします。特にリスニング試験って、環境が大事で、受験者が風邪ひいていて咳でもしようものなら、気が散って仕方な...

≫続きを読む

フィリピン英語留学、大企業になぜ人気?

ビジネスジャーナルの記事から 「毎日4?6時間のマンツーマンレッスンを受けて、1カ月10万円台から留学可能。手頃な価格帯や質の高いカリキュラムで人気のフィリピン英語留学は、大企業の語学研修先としても注目を集めている。」 だそうです。個人的にもすごい興味があるのですが、家族もいますし、仕事も忙しいし、...

≫続きを読む

【NEWS】高校入試でリスニングの音声流れず…全員満点

2014年2月25日の読売の記事からですが、「大島海洋国際(大島町)では、町外の受験会場となった芝商業(港区)で、放送機器の不具合により英語のリスニング問題が流れないトラブルがあった。このため、大島海洋国際の受験生98人全員のリスニング問題を満点(20点)とする措置が取られた。」 だそうです。う〜む...

≫続きを読む

【NEWS】市職員にTOEIC対策、補助も

中日新聞からですが、 『小松市は二〇一四年度以降、市職員や観光関係者を対象に英語力の向上に本腰を入れる。まずは、外国人をもてなす「人」からテコ入れし、国際都市こまつを目指す。十一日の定例会市議会本会議で、早松利男総合政策部長が出戸清克氏(維新こまつ)の一般質問に「多くの職員には、英語能力テストTOE...

≫続きを読む

【NEWS】TOEIC高スコアでも英会話力に大きな開き…アルク調査

ネットで見つけたニュースです。「TOEICテストのスコアが高くてもスピーキング能力が低い人がいる反面、TOEICテストのスコアの割にスピーキング能力の高い人が多数いる実態が、アルクが3月20日に公表した「アルク英語教育実態レポート2014」より明らかになった。」 アルクが教育実態を調査しているなんて...

≫続きを読む

TOEIC、2013年度の受験者数は過去最高の236万1,000人

ネットで拾ったニュースからです。 (2014・4・3)「日本でTOEICプログラムを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会は4月3日、2013年度のTOEICテスト受験者数が過去最高の236万1,000人に達したことを発表した。TOEICテストの受験者数は2009年度が168万人、201...

≫続きを読む

【NEWS】通訳のプロが語る、ディズニー映画が英語上達の近道になる3つの理由

最近は、映画を使ってリスニング練習をする日々が続いていまして、タイトルにあるような記事を見つけると、ついつい読みたくなってしまいます。そんなに長くない記事なのでさらっと読んだ感想なのですが、いまいちですね・・・(毒舌ですいません)。「夢をかなえる英語はディズニー映画が教えてくれた」という本の著者で、...

≫続きを読む

【news】「インド式」英語は非ネイティブに最適・・・?

04/24/2014 の記事です。週刊ダイヤモンドの記事のようですが、、、 従来の日本人の英語学習法「5つのウソ」を挙げて、インド式こそ優れているとの主張をされています。もちろん、記事は「英語はインド式で学べ」の著者である安田正氏によるものです。日本では、インド人先生がレッスンするスカイプ英会話もあ...

≫続きを読む

【NEWS】英単語の暗記は必要ナシ!?英語は「インド式」で話せる!

インド式英語ついて、前回の続きです。ダイヤモンドで連載があった記事です。安田正氏は、従来の日本人の英語学習法「5つのウソ」をあげる一方で、正しい勉強方法はどうなのか?素朴に疑問に思うわけですが・・・ 記事では、次のように述べられています。【日本人のための「インド式英語学習法」】1. 「発音は気にしな...

≫続きを読む

文科省、省内会議に英語導入

ちょっと前の日経新聞からです(2014/4/30)。『英語教育をめぐる議論を活発化させる目的で、文部科学省が省内の幹部会議の一部を英語で行う方針を決めたことが30日、分かった。民間企業で英語の社内公用語化に携わった人物を新たに採用して「英語会議」を担当させる。中央省庁が省内会議に英語を導入するのは異...

≫続きを読む

近畿大、ベルリッツと16年度に新学部 英語で国際経済や法律

2014年5月20日の日経新聞からです。「近畿大学(大阪府東大阪市)は20日、英語で国際経済や法律を学ぶ学部を2016年度に新設する計画を発表した。世界約75カ国に語学学校を展開するベルリッツコーポレーションと連携。語学教育のノウハウを導入して実践的なカリキュラムを作成し、外国人講師の派遣も受ける。...

≫続きを読む

【NEWS】中高の英語授業を140時間に、文科省が英語教育に関する有識者会議

2014年7月1日のニュースです。文科省関係のニュースです。『文部科学省は6月30日、英語教育の在り方に関する有識者会議(第5回)の配布資料を公開した。資料は、中学校・高校における英語教育の現状と今後の方向性のほか、秋田県の中学校や岩手県の高校の事例などで、ホームページから見ることができる。  同会...

≫続きを読む

「レアジョブ英会話」が4月に刷新へ--コース制導入や定期カウンセリング

ネットで拾ったニュースから。『レアジョブは2月26日、Skypeを使ったマンツーマンの英会話サービス「レアジョブ英会話」をリニューアルすることを発表した。4月より順次、さまざまな新機能やサービスを提供していくという。 2007年から運営しているレアジョブ英会話は、現在27万人に利用されており、ユーザ...

≫続きを読む

【NEWS】高3英語力、中学レベル大半…「書く」0点3割

2015年3月17日の読売新聞からです。「文部科学省は17日、国公立の高校3年生を対象に、英語の「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をテストした結果の概要を明らかにした。政府は、高卒レベルの英語力の目標を実用英語技能検定(英検)の「準2級〜2級程度以上」としているが、最も成績が良かった「読む」で...

≫続きを読む

大学入試、脱「受験英語」へ…英検など利用拡大

2015年6月27日(土)の記事です。「国公私立大学の一般入試で、実用英語技能検定(英検)など民間英語テストの活用が拡大している。成績がある程度だったら英語試験を満点と見なして免除したり、英語テストの成績にプラスしたりする。文法・読解メインの受験英語から脱け出し、実用的な英語力を問う路線の反映で、文...

≫続きを読む

文科省調査で判明…“英語達者”教師で生徒が伸びないワケ

デキない先生に教わった方がいいかも――。先日、文科省が公表した2016年度の「英語教育実施状況調査」。都道府県の中高生だけでなく、教員の英語力も公表されているが、意外な結果だった。教員と生徒の成績がかみ合っていないのだ。 教員は「英検準1級」、高3は「同準2級」、中3は「同3級」レベル以上の割合が調...

≫続きを読む