英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

音声を使った簡単で効率的な英単語の覚え方は?

単語を覚える際に、4つのポイントがあることを述べました。

 

1 文字スペル
2 その英単語の意味
3 正しく発音できること
4 正しい発音(音声)を聞いて、その単語だと理解できる

 

この4つを同時に練習できるのが望ましい。発音とセットで学べるものが良い。

 

そして、それは、「単語耳シリーズ」ということになります。

 

やり方は、非常に単純で、CDを聴きながら、英単語を声に出して発音するというものです。

 

いきなり発音を始めるのではなくて、それぞれのセクションごとにポイントがあるので、それに一通り目をとおして、自分なりに軽く練習してから、CDを使った方が良いでしょう。

 

もちろん、パソコンでデータ化して、ウォークマンやIpodに落とし込んでやっても良いでしょう。

 

発話者に重ねるようにして発音しても良いですし、発話者の後に続いて発音してもよいですね。

 

個人的には重ねるほうが、実際の発音とのズレを感じやすいかなと思います。

 

1つの単語につき、「ゆっくり」「はやく」の2種類で発音してくれるので、結構練習しやすいですね。

 

第1巻だと1,000語練習します。

 

単語を見ると、簡単に思えるものばかりですが、いざ、自分で発音すると、「こんなんだったっけ?」という新たな発見が自分の中に出てきます。

 

1例をあげると、spirit、魂とかそんな類の単語、見れば分かるのですが、最初は何度聞いても「音声語彙」を忘れてしまって愕然としたものです。

 

「文字語彙」だけでなく「音声語彙」をマスターしていないと「スピリット」なんてカタカナ発音になってしまう単語です。
※文字語彙・・・「文字スペル」と「その英単語の意味」
 音声語彙・・・「正しく発音できること」と「その音声を聞いてその単語だと理解できる」

 

でも、何度「音声語彙」を忘れても大丈夫です。なにせ、ひとつの単語につき100回練習するのが、この単語耳シリーズなのです。

 

時間は若干かかりますが、無理して暗記に頼らないのがこの方法のメリットです。

 

100回近くなってくると、口が自然に動くようになりますので、無意識でもCDに追いついていけるようになります。 でも、この単語耳にも弱点があります。

 

次回、それを述べましょう。

関連ページ

誰でも簡単に英単語を効率よく覚える方法とは?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
暗記に頼らない英単語を覚える際の4つのポイント
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
単語耳の弱点を克服して英単語マスターになる方法
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
単語耳の弱点の克服ができないと英単語の暗記は難しい
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
単語耳 英単語を覚えられない人向けの暗記法
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
時間のかかる単語耳を効率よく実践してきた手法は?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
そもそも英単語は何語必要なのか知っていますか?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。