英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

瞬間英作文で話す力を鍛える4

スピーキングについて前回の続きです。

 

瞬間英作文でやってはいけないのは、「じっくり考えること」です。

 

瞬間ですから、とにかくトリガーとなる日本語を見た瞬間にパッと英語が口の中から出てくるということです。

 

かつ、「単語耳第1巻」で正しい発音を身につけておけば、赤ちゃん、幼児レベルかもしれませんが、言いたいことはぶつぶつ言えるわけです。

 

あーだこーだ考えなくて済むように、すべて短文です。

 

慣れてくるとテキストの日本語を見ると同時に口からポンポン英語が出てくるようになります。

 

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」については、若干批判もありまして、それを払拭しておきたいと思います。

 

家で「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を練習していたときのことですが、家族にバカ笑いされたことがあります。

 

それは、とある一文に

 

「私は誰?」
「あんたは私の娘だよ」

 

とあるのです。

 

答えとしては、

 

「Who am I?」
「You are my daughter.」

 

となるのですが、要は、実際の会話で、そんな場面はないだろうということです。

 

「Who am I?」「You are my daughter.」というたびに笑われるわけですが、頭の中で「記憶喪失になったバカ娘が自分の親に何者か聞く」場面を思い浮かべると、確かにバカっぽい感じがします。

 

しかし、瞬間英作文のレベル1においては、内容は二の次なのです。

 

日本語を英語に即座に変換できる回路を作るのが目的なので、バカにされても気にしなくて良いのです。

 

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」は、中学校1〜3年レベルのものばかりですので、「私は誰?」「あんたは私の娘だよ」以外にも、ちょっとした会話で使えそうな短文はほとんど無いと言っても良いでしょう。

 

普段、日本語で会話するような内容で話すにはレベル3まで待たないといけないのです。

 

レベル3までどれくらいかかるのだろう、と不安に思わなくても大丈夫です。

 

レベル1で基礎が固まっていると、レベル2は拍子抜けするほど楽チンですので。

 

真面目に数十サイクル回せば、レベル2をあっという間にこなして、レベル3にすぐ移行できるはずです。

 

というかレベル2はすっ飛ばしても問題ないと思ってます。

関連ページ

瞬間英作文で話す力を鍛える
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
瞬間英作文で話す力を鍛える2
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
瞬間英作文で話す力を鍛える3
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
瞬間英作文レベル3に関する考察
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
海外旅行向けの瞬間英作文で一人でも旅を楽しめるか?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。