英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

英語の発音の勉強はいつからやるのが良いのか?

瞬間英作文をやり始めた際には、とにかく何回もまわすことを考えて瞬時に言いたいこと、まあ、簡単なフレーズだけですが、言えるようになることを目標としていました。

 

CDで日本語を聞いて、英語で答えを確認できるというレベルに達したときにふと気になりはじめたんです。

 

自分の言っていることは相手に通じるのか?

 

オンライン英会話でフィリピン人先生とのレッスンで徐々に話せるようにはなっていたのですが、自分の言っていることが果たして正確に伝わっているのか、レッスン中に率直に聞いてみたのです。

 

すると、「発音におかしいところはあるけど、しっかりした文章になっているので理解できる」という回答でした。

 

瞬間英作文の威力を実感したわけですが、発音ってところはあまり意識していませんでした。

 

付属のCDを使い始めるまでは、結構、我流の発音で英作文をしていましたし、電車の中だと声も出せませんので、頭の中でスペルをイメージして英作文する感じですね。
それと、言いたいことは言えるようになってくると、今度は先生に指摘されたように、発音をやってみようかなという気分になってきました。

 

結論を言ってしまえば、この方向は正しかったのですが、もっと言えば、英語の勉強を再開した時点で発音を先にやっておけば良かったなというのが、今の実感です。

 

Sponsored Link

 

発音の勉強は、初期段階でやるのが良い

 

発音って結構後回しというか、TOEICの勉強から始めてしまうと、ほとんど意識しない部分です。

 

これは非常にもったいないことで、今から英語、英会話をこころざそうという方には、まず、発音の勉強を最初にやることをおすすめしたいですね。

 

なぜかというに、端的に言ってしまうと、「発音できないものは聞き取れないから」です。

 

リスニングのトレーニングをしていても分かるのですが、自分で発音できないものは結局身につかないのです。

 

耳を使って一時的に暗記できても、音声で覚えていないと抜けて行ってしまうんですね。

 

発音が得意になると、瞬間英作文のスピーキング練習もも自信、確認をもってやれるので、トレーニング開始は初期段階が良いです。

 

そんなわけで、「発音」をマスターすべく、ネットで情報を集めることにしたのです。

関連ページ

発音の重要性に気づく
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
英語の発音トレーニングのコツ
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
発音は単語耳でOK
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
発音教材の失敗談
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。