英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

発音の重要性に気づく

発音できないものは聞き取れない。

 

この基本的なことをおろそかにしていたために英語の勉強はかなり遠回りしたなあと思っています。

 

学生時代に短期集中で単語集一冊マスターした記憶はあるのですが、スペルと日本語の意味(しかも1つの意味だけ)を暗記して満足していたものですが、結局、その後、話したり聞いたりする際に役立っていないことに気づかされます。

 

発音記号を中学高校でやった記憶はあるのですが、苦手意識があって適当に流していたように思います。

 

自分が大学受験勉強をしていたころは、まだ、リスニングとか重視されていない時代で、いかに文法問題、長文読解を早く正確にこなすかが問われていましたから、発音の重要性はよく理解していなかったんですね。

 

でも、今となっては、発音を先にやっておくこと、マスターしておくことをおすすめしたい。

 

とはいっても、そんなたいそうなことをする必要はないと思います。

 

英語の言語学を研究しようとするならば別ですが、英会話を効率よくマスターしていくための発音勉強ですから、市販のテキストを1冊やっておけば十分です。

 

いまだと、大きな書店に行けば、わんさか売っています。

 

良い時代になったものです。個人的にはジュンク堂とかブックファーストとか超大型の書店をおすすめします。

 

自分にあった発音関連の書籍がみつかるはずです。

 

探すのも結構楽しいですね。

 

1冊買ってやってみて、自分に合わないと思ったら、その本は捨ててしまいます。

 

保険のため、いくつか複数の発音本を買っておいても良いでしょう。

 

自分も昔、UDA式とかDVDを購入した記憶がありますが、結局途中で挫折しました。

 

何冊か試して、自分のフィーリングに合ったものを見つけるのがいいですね。

 

英語の子音・母音合わせると、結構な数の記号が出てきますが、セットで覚えたりするので、実質的に覚えるのはそんなに多くない。

 

パターン化されているので。 例えば、SとZは、口の形は一緒で、有声音か無声音かの違いだけです。

 

ですので、練習する際は、まとめて口に出して練習します。TとD、PとBも似たようなものですね。

 

他にもセットで覚えるパターンはいくらでも挙げられますが、ここでは詳細は割愛します。

関連ページ

英語の発音の勉強はいつからやるのが良いのか?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
英語の発音トレーニングのコツ
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
発音は単語耳でOK
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
発音教材の失敗談
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。