英語 英会話 勉強法

Sponsored Link

音読はシャドーイング、リピーティングだけではない

音読について、前回の続きです。

 

音読をこなす前に、ある程度やっておいた方が良いことがあります。

 

それは、「発音」です。

 

英単語を見たときに、とっさに自分で意識して、口の形、舌の位置を変化させられるようになるまでは、音読は早いような気がします。

 

我流で只管朗読しても、効率が悪いと思うのです。とくにシャドーイング、リピーティングをやり始めたころは、文字の暗記に走ってしまって、あまり、自分がどう発音しているかまで気にも留めなかった記憶があります。

 

音読するのであれば、できれば、正しい発音をしたほうが良いですね。

 

ただ、英語学習を再開する方に、当方は、最初は瞬間英作文、単語耳の2つを推奨しています。

 

そうなると、バリエーションの少ないトレーニングとなってきますので、「飽き」が発生しやすい。特に単語耳なんか修行ですから。

 

そこで、英語学習を継続させるという観点から、音読も早い段階で始めるのも悪くはありません。

 

ただ、やり方は工夫が必要と思います。

 

自分が行ったのは、

 

・文章を精読しておく。
・音声なしで只管朗読することは避ける。

 

の2つです。

 

1つ目は、もちろん、中身を理解しておくと音読していても、イメージ、情景がわきやすい、某英語スクールでいうところの「ヴィジュアリゼイション」が容易になります。

 

もうひとつは、早い段階で、自分の発音を正しく修正させるためです。

 

最初は、シャドーイング、リピーティングは行いません。

 

最初は、音読パッケージの初級、中級レベルでも、結構厳しいのです。

 

そこで、新たな音読の方法を紹介します。

 

それは、「シンクロ・リーディング」または「パラレル・リーディング」というものです。

 

やり方は簡単で、CDを流しながらテキストを見ながら同時に音読するだけです。

 

ポイントは、「遅れずについていくこと」「音の強弱やイントネーションをまねること」の二つです。

 

これって楽勝じゃん、と思われるかもしれませんが、やってみると意外に難しいんですね。

 

全部の発音を真似る、コピるのは、結構大変です。

 

発音の勉強を始める前でも、もしくは、並行しながらできる優れた音読トレーニング方法です(できれば発音をある程度ものにしてからの方がよいとは思いますが)。

関連ページ

音読を始めるタイミング
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
音読パッケージシリーズについて
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
音読はシンクロリーディングからやるべき
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
シャドーイング方法には2つの種類がある?
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
新・音読パッケージはこれだ!(と思う)
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。
只管朗読という言葉に惑わされない
本格的に英会話の勉強をしたいと考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし、なにからどう手をつけたらよいのかわからない。具体的に勉強をどう進めるべきかお伝えしていきます。